運送会社で有給が使えないのは当たり前?運転手が有給を使うには・・・

■運送会社で有給が使えないのは当たり前?

大手運送会社は有給が使えるケースが多いですが、中小企業の場合、有給を使わせてくれない運送会社が多いのが実情。そのため、「うちの会社は有給なんてないよ」と話すドライバーも多い。ここでは、トラック運転手が有給を使うためのポイントについて紹介しています。

■運送会社の有給取得の現実(体験談)
働き方改革の影響で、運送会社でも有給を取りやすい流れにはなってきましたが、中小企業の場合は、有給を使わせてくれない運送会社が多いのが現状です。

運転手の場合、有給を使って休むと、代わりに誰かを用意して運行させる必要があるため、人材が不足している運送会社の場合、「人がいないから無理」と有給を使うことを断られれるケースが多い。私はこれまでに大手の運送会社から小規模の運送会社まで複数の運送会社を経験してきましたが、有給を申請してスムーズに使わせてくれる運送会社は一社もありませんでした。有給を使えたのは、退職前に消化するという使い方をしたときだけでした。数年働いてい有給を一回も使わずに退職した会社が大半で、有給を消化できた会社は稀です。

・有給を使うと給料が下がる
運送会社の場合、基本給がかなり低く設定されていることが多い。そのため、有給を使うと基本給分しか支給さず、手当がつかないため、有給を使うと給料が下がる会社が大半です。基本給が十数万円というのが一般的ですが、中には10万円以下といった基本給をかなり低く設定している運送会社もあるので、転職する際は基本給もしっかり確認しておきたいですね。

■トラック運転手が有給を使うには

・絶対に有給を使いたいなら入社前に確認しておく
休み重視の人にとって有給を使えるかどうかはとても重要なポイントだと思います。絶対に有給を使いたいなら、入社する前に有給が使える環境であるかどうかを確認しておくこくべき。求人欄に「有給取得率」や「有給が使いやすい環境が整っている」と有給が使えることをアピールしている運送会社を選ぶようにしましょう。

・既に働いている場合は、有給について確認してみる
既に働いている場合は、まずは先輩社員や同僚などに有給についてそれとなく聞いてみて、有給が使える環境であるか確認してみてましょう。何人かに話を聞いてみれば、その会社で有給が使える環境であるかどうかは知ることができます。もし誰も有給を使ったことがないという場合、残念ながら有給が使わせてくれない会社の可能性が高い。どうしても有給を使いたい場合は上司に相談してみましょう。

・強引に有給を使うにはリスクがあるので注意
「法律的に有給は労働者に認められた権利だから〇月〇日に有給で休みます」と会社に対して強引に有給を使おうとするのはあまりお勧めできません。下手すると同僚や上司から嫌味を言われたり、キツイ仕事のコースや配車を組まれたりする嫌がらせを受けるケースもあるので、環境が整っていない会社の場合はあまり強引な行動はしないほうがいいかも。

・退職前なら気兼ねなくすべての有給を消化できる
運送会社で有給を使わせてくれない一番の原因は、「代わりの人材を確保しないといけない」からです。退職する場合は、引継ぎが完了すれば有給を使っても会社に迷惑がかかることはないため気兼ねなく貯まった有給を消化することができます。

■まとめ

「法律的に有給は半年経過後に一定の条件を満たしていれば10日付く」といっても、有給を申請していつでも気軽に有給が使えるという運送会社はまだまだ少ないのが現状です。特に小規模の運送会社の場合、金銭的にも人材に関しても余裕がないため、大手に比べて有給を使わせてくれない会社が多い。気兼ねなく有給を使える会社で働きたいなら、入社前に求人内容をチェックして有給が使えることをアピールしている会社を選ぶようにしましょう。既に働入れいて有給を使わせてくれない会社の場合は、強引に有給を使ってトラブルになるよりも、転職をするのも1つの方法かと。