運送会社を退職するときの手順とトラブルを防ぐポイント【保存版】

「辞めたいけど言い出しにくくて悩んでいる・・・」
「退職日は決まったけど転職先が決まらなくてヤバい・・・」
「退職することが決まったら嫌がらせを受けるようになった・・・」

会社を辞めるには事前に準備をして手順に沿って進めていくことで、スムーズに退職することができ、上記のような悩みやトラブルを避けることができます。深く考えずにその場の勢いで行動してしまうと、トラブルになったり不利な条件で退職することになるので、退職する際はトラブルを避けるためにもしっかりと手順に沿って慎重に行動することが大切。ここでは、スムーズに退職するための手順やトラブルを避けるための注意ポイントなどを解説しています。

<運送会社を退職するときの手順>
・辞める覚悟を再確認する
・退職したい意志を伝える(退職願・退職届)
・引継ぎ
・退職

・辞める覚悟を再確認する
退職する意思を会社側に伝えた場合、その後の対応がガラッと変わる可能性もあります。上司や同僚から「辞めるかもしれない・・・」という目で見られるかもしれません。本気で辞める覚悟があるかを、しっかりと確認した上で会社側に意志を伝えるようにしましょう。

・退職したい意志を伝える(退職願・退職届)
退職の意志を伝える場合、上司に口頭で伝えるだけでも退職することは可能ですが、「言った、言ってない」と後からトラブルに発展するケースもあるので、「退職願」か「退職届」を上司に提出するようにしましょう。法的には2週間以上前に退職の意志を伝えれば問題ないのですが、できれば1ヶ月以上前に伝えるようにしましょう。

※「退職願」と「退職届」は役割が大きく違います。「退職願」は会社に対して退職の意志を表明する書類で撤回も可能。「退職届」は退職願よりも厳格な書類で、受理された時点で退職が決まるため撤回はできません。

・引継ぎ
退職が決まったら、引継ぎを行ってから退職という流れになります。人材がいる場合は退職日まで一緒に同乗して仕事内容を説明して引き継ぎます。代わりの人材がいない場合は、引継ぎをしないケースや会社側から退職日を延ばしてほしいと頼まれるケースもあります。

・退職
退職日が来たら、トラックや事務所にある私物は回収し、返品しなければいけないものがあれば返品して退職となります。

<退職の意志を伝える前に>

・迷っているなら上司に相談してみる
・退職後の計画をしっかりと立てておく
・有給の残り日数を確認しておく
・繁忙期は避ける

・迷っているなら上司に相談してみる
辞めるかどうか迷っている場合は、いきなり退職の意志を伝えるのではなく、上司に相談してみることをお勧めします。相談することで会社側が対応してくれるケースも多いです。対応してくれない場合は、そのときに退職を決意しても遅くはないですからね。

・退職後の計画をしっかりと立てておく
退職した後のことをしっかりと考え、計画を立てて行動すれば安心して退職することができます。

・有給の残り日数を確認しておく
退職の意志を伝える前に、有給の残り日数を確認しておくようにしましょう。有給を消化してから辞める場合は、有給の日数を計算して退職日を決定する必要がありますからね。

・繁忙期は避ける
繁忙期に退職するのは会社側にとっては大きなダメージとなりますし、嫌がられます。退職日は繁忙期を避けるようにしましょう。

<トラブルを防ぐためのポイント>

・円満退社を心がける
・転職理由や転職先の詳細については話さないほうが無難
・事故や商品破損を起こさないように注意する
・退職日まで気を引き締めて行動する

・円満退社を心がける
どうせ辞めるからといってケンカ口調や失礼な態度をとってしまうと、相手も人ですから、余計なトラブルを招く結果となる可能性もあります。不満があってもグッとこらえて、なるべく円満に退職できるように心がけることで、トラブルを防ぐことができます。

・転職理由や転職先の詳細については話さないほうが無難
退職前に必要以上に余計なことはしゃべらないほうが無難です。同僚にしゃべったことがキッカケで退職日まで仕事で嫌がらせを受けたり、転職先に嫌がらせをされるケースもありますからね。

・事故や商品破損を起こさないように注意する
退職日前に事故や商品を破損させてしまうと、自己負担をしないといけない会社の場合は、退職日までに一括で支払いを求められるケースや返済できない場合は、退職させてくれないケースもあります。退職が決まったら、交通事故や商品の取り扱いには細心の注意を払い、絶対に事故や商品破損などのトラブルを起こさないという気持ちをもって行動することが大切。

・退職日まで気を引き締めて行動する
トラック運転手の仕事は、常に交通事故や商品破損事故などトラブルと隣り合わせです。退職日直前にトラックをぶつけたり、積み荷を破損させてしまうと、場合によっては最後の給料全額返済に充てても足りなくなったり、最悪返済するまで辞められなくなったりするケースもあります。退職日の終了点呼が終わるまでより一層、気を引き締めて安全運転を心がけることがとても大切。

◆【まとめ】

退職をするためには、しっかりと準備をして手順通りに進めることでトラブルを防ぎ安心して退職することができます。どんなに嫌いな人間がいても、嫌いな会社であったとしても、「円満退社」を心がけることで、無駄なトラブルを避けることができます。最後の最後にトラブルになって、辞めれなくなったり、金銭的な負担を背負う羽目になると大変ですからね。