トラック運転手の未経験者が転職で失敗しないための注意ポイント

■トラック運転手の未経験者が転職で失敗しないための注意ポイント

トラックの運転をしたことがなくても、中型免許がなくても、運送業界は深刻な人手不足状態で、未経験の方を募集している企業も多いので、運送会社に就職することは難しくはありません。しかし、会社選びに失敗すると会社に借金する羽目になったり、過酷な仕事をさせられたりしてマジで悲惨な目にあう可能性もあるので、未経験の方は慎重に会社を選ぶことが重要です。ここでは、トラック運転手未経験の方が悲惨な目に遭わないための会社選びの注意ポイントなどを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

■中型免許がなくても就職は可能!
トラック業界の現状は、ドライバーの高齢化や、中型免許のハードルが上がったことで、深刻なドライバー不足という状態が続いています。どの会社も仕事はあるけど人材が確保できないといった状況。そのため、中型免許を持っていないまったくの業界未経験の方を積極的に募集している運送会社も多い。大半の運送会社は中型免許や大型免許の取得費用は条件付きで会社が負担してくれるケースが大半。条件とは、一定期間以内に会社を辞めたら、免許の取得費用は全額会社に返済するというもの。期間は会社によって違います。未経験でも運送会社に就職すること自体は難しくない。しかし、運送業界はブラック企業が多いので、ブラック企業に入社してしまうと、本当に人生が狂ってしまうので、会社選びだけはマジで慎重に選択されることをお勧めします。

■未経験者が会社選びで注意するポイント

・教育体制
・車両事故や商品破損の弁償について
・安心して働ける労働環境であるか?
・面接時の対応や会社の雰囲気

・教育体制
トラックの運転が未経験な場合、会社の新人教育体制がしっかりしているかどうかは非常に重要なポイントです。運送会社によっては、数回だけ教育(先輩と一緒に運行する)して、まともな教育をせずに一人で運行させる会社もあります。未経験の方はできるだけ教育体制が整った運送会社を選ぶようにしましょう。

・車両事故や商品破損の弁償について
トラック運転手は、トラックに商品を乗せて一般道を走行するため、常に交通事故や商品破損などのリスクがあります。交通事故や商品を破損したとき、個人で弁償をしなくてはいけない会社も多いです。面接時に必ず質問して、個人の負担割合を確認するようにしましょう。

・安心して働ける労働環境であるか?
運送会社はブラック企業が多いので、求人情報を鵜呑みにせず、面接で仕事内容や雇用条件を確認し、安心して働ける環境であるかをチェックすることはとても重要です。長時間労働で低賃金、しかも休みが少なく有給も取らしてくれなく仕事もキツイといった運送会社は多い。特に下請けの小規模な運送会社。

・面接時の対応や会社の雰囲気
面接時に、担当者の態度が悪かったり会社内の雰囲気が悪いと感じたら、その場で回答せずに慎重に判断するようにしましょう。「仕事内容や労働条件についての説明が少ない」「質問したことの回答があいまい」「事務所にいる社員が言葉使いや態度が横柄」など、面接時に分かることはたくさんあるので、面接時にはしっかりとチェックしてじっくりと検討してから回答するようにしましょう。

■まとめ

運送業界は深刻な人手不足なので、未経験の方でも募集している運送会社はたくさんあり、就職すること自体はハードルは低いです。しかし、教育体制がしっかりしていなかったり、条件の悪い会社に就職してしまうと、本当に悲惨な目に遭うので、会社選びだけはじっくり比較検討して選ぶようにしましょう。