トラック運転手の性格や人間の特徴

■トラック運転手の性格や人間の特徴
私はこれまでにいろんな運送会社を転々としてきました。トラック運転手は学歴も経験もなく中高年になっても転職がしやすい業種で一人で作業することが多い仕事なので中には関わりたくない厄介な人間が他業種に比べて多いのも事実。(個人的な印象)ここではトラック運転手の性格や人間の特徴などを紹介しています。

■仕事内容や会社によって特徴がある
トラック運転手の仕事はトラックの種類や大きさ、仕事内容や会社の規模も様々。仕事内容やトラック、会社によって人間の特徴もあります。大雑把ですが、小規模な運送会社は教育体制も不十分なケースが多いので、まともに挨拶ができなかったり身なりがだらしないといった人も多い。逆に大手運送会社の場合は、教育体制がしっかりしているため、まともな人間が多い。特にヤマトさんはずば抜けて好印象なイメージ。(個人的な印象ですが)

これまでいろんな運送会社を経験してきましたが、やはり大手はルールがしっかり決められているため、ルールを守れない人間は去るしかないため、大手はまともな人間が多い印象。逆に小規模な運送会社はルールが甘くブラック企業が多いので、人としてちょっと・・・という人間が集まっている印象。もちろん小規模な運送会社だからといって悪い人間ばかりではありませんが。

「大型トラック」「トレーラー」「タンクローリー」など特殊な資格や免許が必要となるトラックの場合、運送業が好きで仕事に真剣に取り組んでいる人間が多いので、悪い人間は少ない印象。逆に小型や中型トラックの場合は、人としてちょっと・・・という人間が多い印象。

■どの会社にも嫌な人間はいる

いくら教育がしっかりしている大手運送会社だったとしても、やはり嫌な人間は居ます。

・人の悪口を言いまくる人間
・お金を貸して言ってくる人間
・他人に仕事を押し付けて楽をする人間
・大声で怒鳴り散らす人間
・まったく挨拶をしない人間
・トラックをぶつけて知らん顔をする人間
・横柄な態度をとる人間

■厄介な人間との関わり方

基本的に厄介な人間とは距離を置き、なるべく近寄らないようにしたり、必要以上に関わらないようにすることで、身を守ることができます。何度も何度も近づいていくるようなら上司に相談するのが一番。個人で対応できるならいいですが、トラブルになるケースもあるので、上司に相談するのが無難。

■まとめ
トラック運転手の仕事は他業種に比べると人間関係は少ないので、厄介な人間や嫌な人間がいたとしても、トラックに乗ってしまえば距離を置くことができるので他業種に比べれば人間関係のストレスは少ないほう。っといってもやはり人間関係が嫌になることもあるので、どうしても耐えられない場合は、上司などに相談してみてどうしても解決できないようであれば、転職するのもアリかと。我慢し続けて鬱になる人もいますからね。あまりにもストレスを感じるようなら転職を考えたほうがいいかもしれませんね。