トラック運転手になるリスク

■トラック運転手になるリスク

トラック運転手の仕事は危険はことも多くとておもリスクが高い職業。危険な仕事な上、長時間労働・休日が少ない・低賃金・肉体疲労・弁償など、ぶっちゃけ人生が大きく変化するほどリスクだらけの仕事です。ここでは、トラック運転手をする上でのリスクと、リスクを減らすための方法などを紹介しています。

■トラック運転手のリスク一覧

・トラック運転時の交通事故
・荷扱い時のリフト事故やクレーン事故
・弁償や自己負担など
・免停や取り消しによる無職になるリスク
・過酷な労働による健康のリスク
・他業種に転職しずらくなる
・底辺に見られるリスク

・トラック運転時の交通事故
大きなトラックで一般公道を走行するため、常に交通事故を起こしてしまう
リスクがあります。

・荷扱い時のリフト事故やクレーン事故
荷物の積み降ろしは、自分でリフトやクレーンを操作して行うケースでは、操作時に事故を起こすリスクがあり、自分で操作していなくても積み降ろし場所で、リフト事故やクレーン事故に巻き込まれることもあります。

・弁償や自己負担など
車両事故や積み荷を破損させたときは、自己負担をしないといけない会社の場合、弁償費用を負担することになります。自己負担割合によっては、かなりの額を弁償するケースもあります。

・免停や取り消しによる無職になるリスク
「免許証」がないと運転できないので、交通事故や違反をした場合、トラックを運転することができないため、内勤などの業務ができない場合は、最悪のケースではクビになることもあります。

・過酷な労働による健康のリスク
仕事内容によっては、トラックの荷台に何百ケース・何千ケースもの荷物を手積み・手降ろしの作業をしなくてはいけなかったり、低温倉庫内での作業や炎天下での作業。時間に追われての作業など、体に負担のかかる仕事も多い。

・他業種に転職しずらくなる
トラック運転手の仕事は、トラックに乗ってしまえば、一人なので気が楽で、他業種に比べると格段に人間関係のストレスも少ないです。そのため、人間関係が苦手な人は、一度トラックの気楽さを知ってしまうと、他の業種ができなくなる可能性もあります。

・底辺に見られるリスク
トラック運転手は底辺職といわれることがよくあります。そのため、職業がトラック運転手ということで、底辺と見られたり、バカにされたりすることもあります。

■リスクを減らすことはできる
ここまでトラック運転手の仕事をする上でリスクを紹介してきましたが、自分自身の努力や行動によって、リスクを大きく減らすことはできます。

例えば、

毎日「絶対に事故を起こさないぞ」と仕事前に意識することで、集中力が高まり
交通事故や荷物トラブルを大きく減らすことができます。

運転手を大事にしてくれる運送会社を選ぶことで、金銭的負担のリスクやメンタル・肉内疲労のリスクもコントロールしやすくなります。

■真剣に自分の人生を考えた上で会社を慎重に選ぶことが大事

運送会社によって、給料はもちろん、仕事内容や労働条件は全く違います。運転手を駒としか思っておらず、何かトラブルを起こした際に、すべての責任を運転手に負わせる会社もあれば、逆に、運転手を大事にしてくて守ってくれる会社もあります。

会社選びを失敗してしまうと、本当に人生が狂ってしまうので、運転手の仕事は大きなリスクがあるということをしっかりと認識した上で、慎重に運送会社を選択することがとても重要。

■運転手を守ってくれる会社が一番安心して働ける

「給料がいい」「規則が少なく気楽に働ける」「トラックのカスタムができる」など、人によって、「良い会社」の認識は異なりますが、一つだけ言えるのは、運転手を大事にしてくれる会社であることは大きな重要なポイントだと思います。

「交通事故」「荷物事故」「お客さんとのトラブル」「仕事上のトラブル」など、トラブルは付き物なので、何かあった時に、会社に相談してしっかりと運転手を守るために行動してくれる会社なら、安心して働くことができます。逆にすべての責任を運転手に押し付けたり、相談してもまったく行動してくれないような会社なら、大きなトラブルになる前い転職するというのも一つの選択肢だと思いますよ。大きなトラブルになった後では遅いですからね。

■まとめ

運転手の仕事はリスクがある職業ですが、自分の行動次第では大きくリスクを軽減することができます。「自分を守ってくれる安心して働ける会社を選ぶ」「事故を起こさないための意識を高める」など、行動次第で、大きくリスクを軽減することは可能です。僕自身も、真剣に人生を考えて会社を選んだり、事故を絶対に起こさないという意識を持って仕事に取り組むようになってからは、昔と比べて大きくトラブルを減らすことができ、リスクを軽減できていると実感することはよくあります。トラック運転手をする上であなたのリスクが少しでも軽減するための参考になれば幸いです。