トラック運転手の転職で失敗しなための運送会社を選ぶときの注意ポイント【保存版】

・「面接時の説明とぜんぜん違った・・・」
・「仕事内容がハードだった・・・」
・「自分には向いていない環境だった・・・」

このような理由で入社してすぐに退職する人は非常に多いです。
運送会社はブラック企業も多いので、面接でウソの説明をしたり、長時間労働や休ませてくれない環境だったりすることは多いのが実情なので、すぐに退職する人が多いのも仕方がありません。

私自身、これまでにいろんな運送会社を転々としてきて、多くのブラックな部分を実際に体験して失敗を繰り返してきました。

そこでこの記事では、運送会社の転職で失敗しないための会社の選び方や注意するポイントなどをまとめました。

この記事を読めば、運送業界未経験の方でも自分に合った運送会社の選び方が分かるようになり、ミスマッチの可能性を大きく減らすことができます。

●運送会社はブラック企業が多いから注意!

運送会社は本当にブラックな会社が多いので適当に選ばないよう慎重に選ぶことが大切。

よくある例として、

・面接時の説明と全く違う待遇・仕事内容だった・・・
・休みを取らせてくれない・・・
・長時間労働なのに残業手当が一切つかない・・・

などを当たり前のように行っている運送会社が現状まだまだ多いのが実情。

「給料が多い」
「知り合いの紹介」
「何となく近所だったから」

このような理由で適当に会社を選んでしまうと、ブラック会社に入社してしまう可能性も高くなるので、後悔しないためにも会社選びはしっかりと準備をして慎重に選ぶことがとても大切です。

●運送会社によって仕事内容や待遇がまったく違う

トラックの運転手は荷物をトラックで輸送するのが仕事ですが、運送会社によって取り扱う荷物が異なるため、仕事内容も運送会社によって違います。大手と中小企業では、同じ仕事をしたとしても大手のほうが給料が多かったり、拘束時間が短いということもよくあります。
例えば、同じ商品を同じ場所で積み込みして配送する場合、

大手運送会社は、高速道路に乗って配送する。庸車や下請け企業は経費削減のため高速道路はNGで下道で配送しなければいけない。
当然、高速道路に乗れば時間もかなり短縮できるので、労働時間も少なく、疲労も少ない。逆に庸車や下請け企業は下道走行なので、長時間労働で疲労も増える。

同じ仕事をするにしても大手と中小では待遇や勤務条件も違います。
「大手だから良い!中小はダメ」というわけではありませんが、同じ仕事でも会社によって条件が全く違うということを頭に入れて、会社を選ぶようにすればより失敗するリスクを減らすことができます。

●会社選びをする前に「どういう働き方をしたいのか?」を明確にしておく

会社選びをする前に、まず、「自分の軸」をある程度明確にしておくことがとても重要。

「とにかく稼げる会社がいい」
「休日が多く休みがしっかり取れる会社がいい」
「毎日同じ時間に出勤して同じ時間に終わる仕事がいい」
「毎日違った場所に行きたい」
「リフトメインで体の負担が少ない仕事がいい」

など、自分がどのように働きたいかを明確にしておくことで、運送会社を選ぶときの目安にもなりますし、ミスマッチを防ぐことができます。

●トラックの種類や仕事内容・大中小規模別会社の特徴

トラック運転手といっても、トラック大きさや種類・運ぶ荷物は様々あるため、仕事内容は全く違いますし、会社規模によって福利厚生や労働環境は大きく異なります。下記にトラックの種類や仕事内容・会社規模別の特徴などを紹介しているので、参考にしてみてください。

・トラックの種類・特徴

・仕事内容

・運送会社の規模別特徴

●運送会社を選ぶときのポイント

「運送会社を選ぶときのポイント」

・転職活動期間は十分な余裕をもって行動する
・自分に合った会社を選ぶ
・なるべく多くの求人媒体をチェックする
・募集頻度が多い運送会社は要注意!
・求人募集内容をしっかりと確認する
・求人募集内容を鵜呑みにしない
・福利厚生がしっかりしている会社にする
・トラックや会社の建物・駐車場をチェックする

・転職活動期間は十分な余裕をもって行動する
運送会社の募集はタイミング次第で、数週間で見つかり入社できることもあれば、なかなか見つからずに入社までに数ヶ月かかることもあります。
退職してしまってお金に余裕がない状態で就職活動するのは、とてもリスクがあり、妥協して会社を選ばななくてはいけない状況になりやすいので、就職活動の期間は余裕をもって行動するようにしましょう。会社に勤務しながら就職活動し、内定してから退職するというのが一番安心です

・自分に合った会社を選ぶ
自分が希望している働き方ができる会社かそうでないかはかなり重要。「給料」や「知名度」など目先の誘惑に惑わされて、自分が希望している内容と違う会社を選ぶと、せっかく入社してもすぐに嫌になりまた転職活動することになりかねないので、自分に合った会社を選ぶことは重要なポイントとなります。

・なるべく多くの求人媒体をチェックする
なるべく多くの求人媒体をチェックすることで、より多くの運送会社の中から選ぶことができるので、できるだけ複数の求人媒体をチェックするようにしましょう。特に知名度の低い求人サイトやちょっと手間のかかる登録制の求人サイトなどは要チェック。いい条件の会社が見つかることも多いです。

・募集頻度が多い運送会社は要注意!
何ヶ月も長期に渡り頻繁に求人媒体に掲載している運送会社にはかなり慎重になったほうがいいです。特に、条件が良いのに頻繁に掲載している場合は要注意。、掲載しないといけないそれなりの理由が考えられます。良い運送会社は離職率が低く、数回掲載しただけで募集が殺到し、それ以降めったに掲載されないことが多い。頻繁に募集している運送会社は好条件で募集して実際はかなりブラックというケースも多いので注意しましょう。

・求人募集内容をしっかりと確認する
「給料」「休日」「福利厚生」「仕事内容」などはしっかりと確認し、できるだけ自分が希望としている条件を満たす会社を選ぶことで、入社後も気持ちよく働くことができます。詳細が記載されていない運送会社の場合、入社後にトラブルになる可能性もあるので注意が必要。

・求人募集内容を鵜呑みにしない
求人募集の内容は鵜呑みにしないようにしましょう。大抵の会社はより多くの人を求人するために好条件をアピールして求人内容を記載しているケースが多いので、求人内容は参考程度にし、すべて鵜呑みにしないように注意しましょう。

・福利厚生がしっかりしている会社にする
福利厚生がしっかりしている会社とそうでない会社では、収入面や安心感が大きく違います。長く働けば働くほどその差は拡大していき大きな差となるため、できるだけ福利厚生がしっかりしている会社えを選ばれることをお勧めします。

・トラックや会社の建物・駐車場をチェックする
気になった運送会社があったら、その運送会社のトラックや運転手の身なり・建物や駐車場の乗用車もチェックしておくと、何となくその会社の雰囲気が分かります。駐車場に古い軽自動車が多い場合は、運転手の待遇が悪い可能性が考えられます。実際に自分の目で見たときに、直感で「無理かも」と感じたなら、その会社は避けたほうが無難かもしれません。直感は結構当たるので。

これらのポイントに注意して会社を選べば、ミスマッチの確率も減り転職に失敗するリスクを大きく減らすことができると思います。ちょっと面倒に思われるかもしれませんが、そのひと手間を惜しまずに真剣に会社を選ぶことで失敗するリスクを大きく減らすことができるので、転職を成功させるためにも転職活動の手間を惜しまないことをお勧めします。(私は手間を惜しんで適当に会社を選んだせいでこれまでに何回も後悔しました・・・)

●入社後にすぐに辞めたくなった場合
どれだけ慎重に比較検討して「この会社なら大丈夫だろう」と思ったとしても、実際に働いてみるたら「面接とは話がちがった」「ブラックだった」という可能性もあるのが実情。私も何度も実際に体験してきました。
もし、入社してすぐにどうしても辞めたいと思った場合は、まずはいきなりバックレるのではなく上司に相談してみましょう。相談することで、仕事内容を変更してくれたり、希望に合うように対応してくれる会社もあります。全く対応してくれなくて続けるのが無理と判断した場合、無理せず退職するのも一つの選択肢。運送会社で入社直後にすぐに退職するケースは多いので、しっかりと理由を説明すればスムーズに退職することができます。合わない会社で無理して働いても辛いだけですからね。

●ヤバい運送会社に転職すると人生狂います!

「トラックで事故ったら自腹で全額弁償することになった」
「長時間労働で休みもまったくとらせてくれない」
「給料が面接時の話と全く違う」
などなど、ブラック運送会社に入社してしまうと、本当に人生が狂ってしまいます。仕事をしているのに会社に借金をする羽目になったり、長時間労働で休みもなくて体もメンタルもボロボロになったり・・・
一見良さそうな感じの運送会社でも、実際は超ブラック会社だったというケースもあるので、運送会社を選ぶ際は本当に慎重に考えて選ぶことが大切。もし入社して「直感でヤバい」と感じたなら、大きなトラブルを起こして人生を狂わす前に、真剣に今後の自分の人生のことを考えて行動されることをお勧めします。

◆【まとめ】

一番重要なことは、「自分がどんな働き方をしたいか?」を明確にして自分に合った会社を選ぶことです。自分の軸を明確にしてから、「会社を選ぶときのポイント」に注意して運送会社を選ぶことで、ミスマッチを減らし、自分に合った運送会社に転職できる可能性がグッとアップします。気になる運送会社が決まったら、次は面接。面接での注意ポイントや採用されるためのポイントなど、面接時のポイントもあるのでぜひ参考にしてみてください。